中古マンション投資をする際の注意点を伝授

一挙両得のシステム

つみき

全オーナーが活用すべき

入居率と滞納率の悩みを一挙に解決するのが家賃債務保証だ。不動産投資をする際には、いかに入居率を高く維持し滞納率を抑えるかが重要。しかし、入居率を高く維持しようとすると入居審査が甘くなり、滞納率が上昇する。一方、滞納率を抑えようとすると入居審査が厳しくなり、入居率が低下する。入居率と滞納率は、反比例の関係にあると言っても過言ではない。その悩みを家賃債務保証は解決してくれる。家賃債務保証を利用すると、家賃債務保証会社が入居者の連帯債務者の役割を担ってくれる。個人が連帯債務者になるより確実性が高く、滞納率を大幅に抑えられるのが最大の魅力。また、入居者は連帯債務者を探す必要がなくなり、入居へのハードルが低下する。入居者に対し窓口を広げつつも、滞納率の心配がないのはオーナーにとって非常に嬉しい限り。家賃債務保証会社には保証料を支払わなければならないが、一般的に入居者が保証料を負担する。つまりオーナーにとって、家賃債務保証は何一つデメリットがないシステムなのだ。どの家賃債務保証を利用するかは、管理会社や仲介不動産会社によって異なる。どの家賃債務保証会社を選んでもオーナーは心配する必要はないが、家賃債務保証と同時にクレジットカード作成を義務付ける場合には注意が必要。通常家賃保証の審査は厳しくないが、クレジットカードの審査はハードルが遥かに高い。入居率が低下する恐れがあるため、信販系の家賃債務保証を利用する場合にはメリットとデメリットをしっかりと把握することが重要だ。