中古マンション投資をする際の注意点を伝授

入居者の満足度を考えよう

ウーマン

賃貸管理をお願いする不動産会社を選ぶ際には、入居者の募集方法や、入居者の満足度を上げるための施策について確認しておきましょう。入居した人が長く借りてくれる仕組み作りができているかどうかという観点が重要です。

もっと見る

一挙両得のシステム

つみき

多くのオーナーが活用しているのが、入居率と滞納率の悩みを解決する家賃債務保証。オーナーにはデメリットは何もなく、是非とも活用したいところ。まだ活用していないオーナーは、家賃債務保証の恩恵をしっかりと把握しよう。

もっと見る

よく調べてから交渉へ

マンション

知識があるほど高利回り

中古マンション投資をするときにはできるだけ不動産投資全般についての知識を付けておくことが大切です。新築マンションを購入する際には販売価格から大きく価格が動くことはないものの、中古マンションの場合には売主が物件を手放したいと考えている個人という影響もあって価格交渉により大きな減額を期待することができます。中古マンション投資の利回りを高くするための方法として重要なのが交渉であり、そのための情報を極力集めることが必要になるでしょう。何を持って交渉を行えば良いかを判断できるようになるためには知識が欠かせません。中古マンション投資では中古マンションが相場価格に合っているかをまず調べることが大切です。その上で、不満になるような点はないかを逐次確認し、その一つ一つを交渉の材料にすると購入価格を引き下げることができるでしょう。築年数が古いだけであればそれは相場よりも価格を下げる理由にはなりませんが、老朽化が進んでいるのにメンテナンスが行われていなかったという事実があれば修繕費がかかるという理由で交渉することができるでしょう。価格を下げられない場合には適切な修繕を行った上での引渡しを要求することも可能です。このような考え方で購入価格あるいはその後の運用にかかる費用を減らすのが中古マンション投資を行う上で基本になります。高利回り物件を手に入れる方法として、まずは交渉に活用するための知識を付けるのが大切です。

効率的に経営する方法

男女

賃貸アパートのオーナーが、一括借り上げサービスを利用する場合には、複数の業者が提示する見積もりを比較するのが理想的です。管理コストが割安な業者も魅力的ですが、個別の物件に合わせて、最適な借り上げプランを提案する業者を選ぶのが良い方法です。

もっと見る